« お便りを一挙、ご紹介~~!! | トップページ | うどラヂで一番話題(いろんな意味で)の大将がいよいよ今年初登場! »

2009年2月 4日 (水)

「木蘭」と「義経」。

090202_ タイトルだけを見ると文学作品のようですが、

三越高松店の裏にある麺のお店です。

写真のように、1階にうどん店「義経」

2階に田尾さんもお気に入りのラーメン店「木蘭」があります。

今日は、田尾さんが久々に訪れた「義経」へ…

090202__2 平日のお昼は、近くのオフィスからたくさんの人がやってくる「義経」ですが、間口の狭い店内でうまく人をさばくコツがこのお店にはあります。

ちなみに今日は「天ぷらうどん」を注文!

「笑っていいとも」を楽しんでみる暇もなく、うどんが到着! 早い!

西讃にある「渡辺」とおなじく木の葉型の天ぷらドカンと乗っかって登場。この木の葉の中に、ちくわ、かぼちゃ、えび、なす、しいたけ一緒になっているんです。

衣がフニャフニャになる前に…と急ぎながら食べるので、自然といつもより食べるスピードがはやくなって…気がつくとあっという間に食べ終わってしまったという天ぷらうどんでした。

さらにお会計は忙しそうな大将がすすんでレジに来てくれるんですが…

メモも見ず、金額を伝えてくれて、お会計がすばやく終了。

もしかして…

「はりや」の大将みたいに、みんなの注文を覚えてるんでしょか?

そんなところに、高松市内ランチラッシュを乗り切るコツがあるように思える「義経」でした。

Posted by うどん部員 on 2月 4, 2009 at 02:07 午後 きょうのぴっぴ!(スタッフのうどん日記) |