« 高松市内で、うどんも骨付き鳥も。 | トップページ | 今週のうどラヂは、麺通団3人でまわるうどん店調査の話が登場! »

2009年9月 1日 (火)

今度は高松市中心部の「野口」へ。やさしいお父さんに出会った〜。

Photo_4この間は仏生山の「野口うどん」に行きましたが、
もうひとつのお気に入り、高松市上福岡町の「野口製麺」に行ってきました。

ファンシーな手作りのうどんフィギュアはそのまま…。

Photo_5 そして今日は「ぶっかけ(小)」と「ちくわ天」
ぶっかけはざるうどんのダシの器とどんぶりが別になって登場します。

そしてうどんにはレモン、わかめ、ねぎ(たっぷりめ)、かまぼこ、ゆで卵が!

そしてうどんを持ってきてくれた野口製麺のお父さんが…

『レモン搾ったあと、ショウガを入れたダシをかけてね』

と食べ方を教えてくださったのでした〜。

さらに、ちくわ天を指差して…

『大きいから(どんぶりに)入りやすいように切ったげる』

と、長〜いちくわ天を一口サイズの6つ切りにしてくださったのです♪

や、やさしい〜〜ヽ(´▽`)/

混み合う真っ昼間を外して13時頃に行くと、お父さんのやさしさも頂けてしまう「野口製麺」なのでした♪

もちろん「ぶっかけ」は、「かけ」のときよりもかなりしっかりとした歯ごたえ。
ゴッシリとした強さと、やさしい懐かしめのダシが最高にしみ込みました!

Posted by うどん部員 on 9月 1, 2009 at 11:00 午前 きょうのぴっぴ!(スタッフのうどん日記) |